新着情報

2019.09.27

柴犬のルーツ「石号」の紹介

柴犬のルーツは美都町二川の「石号」であった事が「石州犬研究室主宰」河部真弓さんの調査により判明しました。

昭和初期、猟師の「下山信一さん」に猟犬として飼われていた「石号」。

昭和11年に石州犬を調査していた、「中村鶴吉さん」によって東京へ山出しされ、日本犬保存会に純粋な
小型日本犬として登録されました。

展覧会で高い評価を受けた「石号」は優秀な子孫を残し現在の柴犬の祖犬としてその血を繋げていきました。

石号が暮らしていた下山信一さんの家は現在も残っており、その家の前には看板が立てられています。

現在、地元団体「ぬくもりの里二川」と河部さんにより、「石号」の石像の製作やグッズの製作など、
様々なプロジェクトが進められています。

下記のアドレスは、石州犬の研究をされており、「石号」柴犬のルーツであることを突き止めた、
「石州犬研修室主宰」河部真弓さんホームぺージです。石号の事や様々な取組など詳細な
情報が掲載されています。ぜひご覧下さい。

「石号の里」 https://ishigounosato.jimdosite.com/

戻る

ページの先頭へ